熱海梅園梅まつり~ワンコと梅見学~

atami-umematsuri熱海

熱海梅園梅まつりが始まったので行って来ました/訪問日・2020.1.14

ナビに熱海梅園と入れましょう。

今日は贅沢して自宅近くからスカイラインに乗って行きました。
富士山が最高に綺麗で素敵なドライブになりましたが、こちらからだとナビが教えてくれる場所には駐車場はありませんでした。

幸い昨年・・・もう一昨年になりますか、祭り前に訪問した事があったので、迷わずに到着です。
※前回の記事↓
熱海梅園と季の環~梅見学と美味しい野菜~
祭り前の梅園と近くのCafeに行って来ました/訪問日・2018.12.14 ナビに熱海梅園と入れましょう。

熱海の街から上って来た場合は信号の右向かいに梅園の入口が見えますので、そこを右に曲がってください。
進んで行くと右側に駐車場入口があります。
おじさんが立っているので分かると思います。

先に駐車料金を支払うシステムで、普通車は600円になります。

500円玉2枚で「すいません、お釣りください」と言うと「100円ない?」と聞くので「あったらお釣り要りません・・・」と答えると、おじさん、照れ笑い。
「犬はね、リード付けてれば入れるからね。楽しんでって」

なるべく梅園の入口に近い方に車を停めて息子達を降ろしました。
混んでいる所でトイレすると迷惑だろうからと、叢で先にさせました。

園入口に行くと、ついうっかりナチュラルに入ろうとして止められる。
「熱海市民の方?」「違います」「入園料、払ってください」

「すいません、すいません」と平謝りでしたが、おばちゃんは笑ってくれました。
入園料は300円、熱海市民は無料のようですね。
熱海の宿に泊まってる方も割引があるそうなので受付で言ってみてください。

無事、入園して入口で撮った写真がアイキャッチになります。

園内の施設などは前回の記事に書いてますのでご覧ください。

今回はまず、前回通らなかった「梅見の滝」の裏側を歩いてみました。

atami-umematsuri-2020

裏側から滝が見られるはず・・・が流れてない。
「あれ?」と思って表側に周ると滝が止まってました。
がっかりしましたが、理由は分からないので後で誰かに聞いてみる事にして、更に進みました。

前回殆ど見学しているので、梅を見たかったのですが、入口に「1分咲き」と書かれていただけあって、余り咲いていませんでした。

atami-umematsuri-2020

期間限定の足湯の所に行くとスタッフのおじさん2名がお喋りしていたので聞いてみました。
「滝は流れないんですか?」
すると「管理しているのは美術館なんだよ。あっちで聞いてみて」と言われました。
梅まつり期間中、美術館でオープンカフェをやっているので、後で聞いてみる事にして、まずは足湯です。

atami-umematsuri-2020

10時からとあったので、ちょっと早かったのですが、浸からせてもらいました。
自宅も温泉ですが、自宅とは違う感じで、足の痛みが取れた気がしました。

滝の事情も聞きたいので澤田政廣記念美術館を目指しましょう。

美術館前には椅子とテーブルが並べられて、良い感じのCafeが出来ていました。
メニューはコーヒー、紅茶、ホットカルピス、熱海紅茶。
ホットカルピスと熱海紅茶には「だいだいマーマレード入り」と書かれていたので、気になってホットカルピスを注文してみました。

atami-umematsuri-2020

クッキーも付いて400円は嬉しいですね。
だいだいマーマレードがなかなか美味しかったし、スタッフもワンコに優しくて楽しい時間が過ごせました。

もちろん「滝はいつ流れるのですか?」と聞くのも忘れませんでした。
すると「もうそろそろ」と最初は答えたのですが、後から慌てたようにやって来て「すいません、不具合でした。言ってくださって助かりました」とお礼を言われてしまいました。

滝が流れたとの事で、すぐに見に行ってみました。

atami-umematsuri-2020

やっぱり流れてた方が見た目が良いですね。

滝が見られたら、川の反対側の賑やかな売店が気になりました。
橋を渡って行ってみると、おしるこや甘酒など、販売されている物は普通でしたが、スタッフに活気があって、お客さんの笑い声が絶えません。
私も近付いて行くとお茶の試飲を勧められました。
梅の味のお茶は美味しくて買おうかとも思いましたが、たいてい帰宅すると飲まなくてダメにしてしまうので止めておきました。

さて、大道芸をやっているはずと思ったのですが、10時の回にはどこにいるのか分かりませんでした。
でも放送で「大道芸開催中」と言っていたので、看板の近くに行くと、いました、いました。
面白い髪の色のお兄さんが「さっきの回はお客さんが少なくて、どうしようかと思った」と他のお客さんに零していました。

開始まで3分ほどだったので、トイレに行って戻ると、数人、お客さんが座っていました。
私達もジャマにならないよう、端っこに陣取って、15分のショーを楽しみました。

ボールの空気が抜けるアクシデントがあり、ちょっと心配になりましたが、最後はバッチリ決めてくれました。
「強制ではありません。幾らか入れてってくれると生活出来ます~」と言うお兄さんの言葉に、高齢の皆さん、殆ど千円札を入れてましたが、うちは貧乏なので500円にしました。
それでも「ありがとうございました」と微笑むお兄さん。
充分、楽しませてもらいました、ありがとう。

楽しいショーでテンションupして、何か食べて帰ろうと売店をウロウロ。
そんなに味は期待出来ないだろうから、お昼ご飯の代わりになる安い物をと「炊き込みご飯とけんちん汁ください」を注文した所「炊き込みご飯は今取りに行ってます」との返事。
「えーと、じゃあね・・・」と考えていると「ふりかけご飯なら出来ます!」と力強く言うので「じゃあ、それで」とお願いしたのですが「あ、ふりかけがない・・・」だそうで、ご飯は諦めました。

結局、煮大根と煮卵のセットと、餡子を巻いた草餅を注文しました。

atami-umematsuri-2020

煮過ぎ感は否めませんが、300円だし、お祭りならまぁまぁな感じ。
250円のお餅は美味しかったです。

梅を見るには早すぎましたが、帰る頃には観光客が随分と訪れていて、賑やかになっていました。
楽しい時間が過ごせました。

ただワンコ連れの皆さん、特に中大型犬の方はリードをしっかり短めに持ってくださいね。
嫌いな方がいるのはもちろんですが、ワンコが沢山なので要注意です。
是非訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました