みなみの桜と菜の花まつり~ペンションひだまりに泊まって~

minamiizu-sakura-nanohana南伊豆

ちょっと出遅れましたが行って参りました/訪問日・2020.2.18

まずはペンションひだまりに行きましょう。

お手頃価格の割にお料理が美味しいとネットで評判が高かったので、この祭りの時期に泊まってみる事にしました。
祭りが開催される青野川すぐ側で、徒歩で桜を見に行けますよ。

ナビ通りで問題なく着くと思います。
桜が咲いている通りの南側と言えば良いでしょうか、細い道の住宅街に看板が出ていますのですぐに分かると思います。

細い入口を進んで行くとすぐに可愛らしい建物が見えて来ますよ。

ちょうどご主人が外にいて「ここに停めて」と手招きしていました。

息子達を降ろす前に荷物を持って1人で建物に入りました。
今回は、この後下田に泊まる予定で大荷物になってしまいました。

何となく昔の幼稚園を思わせるような玄関の先に簡単な受付があり、泊り客と奥さんが談笑していました。
お手頃宿だけあって、気さくな雰囲気です。

「予約したんですが」と名前を告げて、息子達を連れて戻りました。
大騒ぎのJethroにも笑顔で対応してくれて、ホッとしました。
「犬の足拭きますか?」と聞くと「雨じゃないし、良いですよ、そのままで」と言ってくれました。
人に寄っては抵抗があるかもしれませんが、個人的には楽で良いな、と思いました。

住所など記入し、お風呂の順番を取るように言われました。
お安い宿ですので、トイレ、お風呂は共有になります。
それでも「露天は温泉ですよ」と言われて、テンションが上がり「では露天にします」とお風呂表に自分の部屋の名札を貼りました。
私の部屋は「あじさい」です。

「では、お部屋にご案内します」と言われましたが、そんなに広い宿ではなく、2階は人間だけのお客様用との事、私達の部屋までは数歩でした。

口コミに「部屋は六畳くらい」とあったので余り期待していませんでしたが、想像以上に小ざっぱりとして居心地の良さそうな部屋でした。

pension-hidamari

↑手前に洗面所とテレビもあって、最低限の物は揃っています。
タオルやドライヤーなども食堂、内風呂などに行けば借りられるので不便はなさそうでした。
小さいタオルと歯ブラシセットもありました。

私はいつも独り旅になりますので、追加料金を支払う事になりますが、こちらはナシ。
電話で「1人でも良いですか?」と聞くと「もちろん」と言われてホッとしました。
伊豆のお宿は追加料金を払っても「1人は受け入れていない」と言う所もあるので、本当に助かりました。

更に「充電器を忘れた」と言うと、ちゃんとandroid用があって嬉しかったですね。
iPhoneしかないと言われたら、どうしようかと思ってました。
Wi-Fiもありますが、すごく遅いです。
通常の3倍くらい、読み込めない事もしばしば、Instagramの投稿も時間がかかります。
良く使う方はポケワイを用意した方が良いですよ。

まずは息子達の散歩に出なくてはなりません。
朝から支度が忙しく、ゆっくり散歩していなくてご機嫌斜めになっていました。

奥さんが「お宅の子には狭いけど・・・ランもありますよ」と、チェックインの時に教えてくれました。
お部屋が狭い分、広々とした食堂があって、そこからドアを開けると出られます。

pension-hidamari

確かにうちの子達には狭いですが、放せる場所があるのは有難いですね。

息子達は此処から散歩に行くと思ったらしく、出口で「早く行こう」と待っていました。

ちなみにこちら、祭り期間中はワンコ可のランチもやっているそうです。
この辺りで屋内に入れる所はないと思いますので、良かったらお立ち寄りください。

夕散歩は、もちろん青野川沿いを桜を見ながら歩きました。
今年は開花が早く、更に強風で随分散ってしまいました。
それでもまだ上流には咲いているようで「明日、ゆっくり見ようね」と息子達に話しかけながら、舞い散る花びらの中を歩きました。

宿に戻ったら、お楽しみの露天風呂です。
Jethroが随分落ち着いたので、部屋に置いて行く事にしました。
ちなみに脱衣所まで連れて行っても大丈夫と言う情報もありました。
貸切露天風呂なので問題ないとは思いますが、ご主人に聞いてみてください。

露天風呂の入口もすぐそこに見えていました。
ドアを開けると外に出て、何だか倒れそうな扉に「湯」と書かれた布が下がっています。
中に入ると分かりますが、手作りの露天風呂のようでした。
脱衣所も簡易的で、扉も上手く閉まりません。

お洒落ではありませんが、露天感は満載です。

pension-hidamari

寒い日だったので、体を軽く流したら、すぐにどっぷり浸かりました。
丁度良いお湯加減でしたが、寒いので一旦入ると出られない。

シャンプー、洗顔などは一通り揃ってますので、タオルだけで良いと思います。

いつまでも入っていたかったですが、息子達が待っています。
何とか出て体を拭くと、そこはさすが温泉、体はポカポカでした。
ちなみにちょっとしょっぱかったですよ。

部屋に戻ると、おとなしく座って待っている息子達がいました。
Jethro、随分成長しましたね。

ベッドに座ってしばし、休憩タイム。
Wi-Fiが弱いのでInstagramに投稿する時は切って、通常接続にしないとダメでした。

食事は6時半にしてもらっていました。
意外と時間が経つのが早く、少し遅れて行くと、席が用意されていました。

ネットの情報で「すごく美味しい」とあったので、かなり期待していました。
まずは前菜とお刺身↓

金目の煮付と牛肉の陶板焼き↓

この値段にしては美味しいです。
品数も多く、ご飯、味噌汁、デザートも付きますので、充分に満足ですね。

ビールを2杯ほど頂いて、ほろ酔いで、息子達をランに出しました。

「今シッコして、夜は起きないでね」とJethroに念を押しましたが、ダメで夜中にまた起きて、ランに出しました。
寝不足です。

あくまでも安価な宿です。
口コミに「隣の音がやかましくて寝られなかった」等ありますが、そういう事が気になる方はお高い所へどうぞ。
この値段なら充分に綺麗なお部屋ですし、ワンコと泊まるのに気兼ねがなくて、食堂で会話した後なら、物音もさほど気になりませんでした。

ちなみにワンコベッド不可ですので、どうしても乗ってしまう子はカバーを用意して行きましょう。

翌朝も、息子達を散歩させて露天風呂に入り、朝食を頂きました。
和食と洋食から選べますので、私は洋食をチョイス。
スープ、卵料理、ソーセージ、サラダ、パン、ヨーグルト、コーヒーor紅茶でパンはお替わり出来ます。

こちら、お手頃で南伊豆に泊まりたい方にオススメ。
人間だけのお客さんの方が多いくらいだったので、人気があるようです。
何と言っても、ご夫婦で犬好き、暖かい雰囲気が心地良い。
祭りの時期に、このお値段はお得ですよ。

チェックアウトしたら、祭りに行きましょう。

すぐ側ですがナビに道の駅下賀茂温泉湯の花と入れてみました。

ナビは裏側の道を示していましたが、祭り期間中は車は入れない為、ちゃんと駐車場入口に案内してくれました。

「満車」と出ていたので「ダメかな」と思ったのですが、丁度1台出てきたので入れました。
こちらがダメでも先にまだあって、おじさんが立っているので分かると思います。

この道の駅の裏側辺りを中心にみなみの桜と菜の花まつりが毎年開催されています。

河津が有名であちらの方がアクセスも良いので人気ですが、こちらは、あそこまで混まず菜の花畑もあるので、お勧めです。
ちなみに菜の花畑までは満開の時季なら桜を見ながら歩くのも良いですが、結構距離があります。
駐車料金500円は1ヶ所で払えば、他は無料になりますので、菜の花の近くの駐車場に移動するのもありですよ。
領収書をちゃんと取っておきましょう。

道の駅に停められたので、そのまま裏側の青野川に出ました。
この辺りは桜の時期でなくても良い散歩コースになっています。
普段は無料で停められるのでお勧めですよ。

minamiizu-sakura-nanohana

まずは人力車のお兄さん達がお出迎え。

小型犬なら抱っこで乗ってる子がSNSでupされていましたが、うちは無理。
どう考えても無理(笑)。
乗ってみたかったなぁ。

今年はすでに見頃が過ぎ、下流の方はすっかり散っていました。
なので上流に向かって歩きました。
上流に行くほど花が残っていて、風と共にざわざわ揺れて迫力がありましたよ。

minamiizu-sakura-nanohana

平日でしたが、それなりに賑わっていて余り良い写真が撮れませんでした。
でも、菜の花と桜のコラボは素敵でしょ?

去年は友人達と来ましたが、日曜だったのでもっと賑わって売店も沢山出ていた気がします。
平日はまだパン屋さんも開店準備中で、ミカンの詰め放題をやっている方が多かったです。

でも大丈夫、道の駅に戻れば平日でも売店が出ています。

喉が渇いたので何か飲もうと寄ってみると、おもしろそうなカレー屋さん発見。
「手作りカレーうくの店」とあって、おじさんが1人でやっていましたが、後で検索しても情報が少ない。
どうやら夏の間だけヒリゾ浜近くで営業しているらしい。。。

「チャイください」と注文すると、このおじさま、犬が大好きらしく、外に出て来ました。
「焼き芋食うか?」と差し出した途端、Jethroが手ごとガブリ。
まさかの流血。。。
「すいません、すいません」と謝りましたが、おじさん、相当な犬好きらしく「自分が悪かった」と手を押さえていました。
結構な血の量で、こちらは真っ青。
それでも更に大きな焼き芋を私にくれて「チャイに合うよ」と言ってくれました。
今年の夏、こちらに来られたら、カレー食べに行きます。
本当にごめんなさい。

それから、車で菜の花畑に移動しました。
駐車場入口には「入口」と出ています。

去年、まだ桜が咲く前に菜の花だけ見に来ましたが、初めて見た時はかなり嬉しかったです。
菜の花畑の中にあるボードウォークは、まだ落ち着きがなかったJethroと歩くのが不安で、入れなかった記憶があります。
今年はちゃんと並んで、待ても出来て、アイキャッチの写真が撮れました。

こちらの場所は夏にはひまわりでいっぱいになりますので、是非訪れてみてください↓
南伊豆ひまわり畑と下賀茂熱帯植物園、下田カフェメローも~見学と体験~
南伊豆のひまわりが見頃との事で行ってまいりました/訪問日・2019.8.20ナビに青野川ふるさと公園と入れてみました。

見頃が余りにも早くなってしまって、色々狂いがちな桜事情ですが、来年の参考にして頂けたら幸いです。

2泊3日の旅を動画にしましたので、是非ご覧ください。
※続きの記事は↓
ムーンリバージュ~外浦で優雅な時間を~
下田で息子達とお泊りしてきました/訪問日・2020.2.19

タイトルとURLをコピーしました