大仁梅林と修善寺散策、独鈷茶屋も~地味な梅林と外蕎麦(笑)~

oohito-ume伊豆の国

祭り前の梅林を訪ねてみました/訪問日・2019.1.18

ナビに大仁梅林と入れましょう。

ウネウネした道ですが、迷う事はないと思います。
民家の横を入って行くと駐車場に到着です。

目の前に大仁神社の鳥居があります。

oohito-jinja

このblogを始めてから神社、お寺を良く訪問するようになりました。
まずは綺麗な手水舎に寄って手を洗わせて頂きました。

梅林の入口はどこかと、辺りを見回すと鳥居横に階段がありました。

oohito-bairin

階段を上って行き、左にある本殿を横目に、更に上がって行きます。
ちょっとした山登りのような感覚ですね。

山の斜面に沢山の梅の木が植えられています。

こちらの梅林のお祭りは開花状況によって変わるようで、開催されるのは1日だけです➡おおひと梅まつり/2019

満開の時期にはまだ早かったですが、Twitterに「水仙が見頃」との投稿を見つけて、行ってみる事にしたんです。

oohito-bairin

ちょっと見頃を過ぎていたようですが、沢山植えられていて綺麗でした。

上って行くと展望台があります。

oohito-bairin

伊豆はどこに行っても「富士山が見えます」と言うポイントがあります。
毎日見てる感動が薄れますが、それでもくっきり見えると嬉しくなりますね。

ちなみに今まで1番綺麗に見えると思ったのは伊豆の国パノラマパークです➡伊豆の国パノラマパーク~アンブレラスカイ開催中~

後は下って戻るだけです。
傾斜で地味ですが、その分ゆっくり鑑賞出来ると思います。
伊豆には梅見学出来る所が沢山ありますが、ただ梅のみ楽しみたいなら、こちらのような所もお勧めです。

参考記事➡月ヶ瀬梅林とやまびこ~天城湯ケ島梅まつり~

帰りには神社に寄って行きましょう。

oohito-jinja

今年はすでに来宮神社に行っていました➡来宮神社とアフターデイズ、長浜海浜公園とトパンガも~熱海で初詣~

それでも、折角だからとお参りしておみくじを引きました。
残念ながら末吉でしたが、30円が嬉しい。
なぜだか、どこに行っても末吉が多い今年です。

こちらは修善寺まで10分ほどですので、ランチがてら修善寺散策して行く事にしました。

ナビにはお好きな駐車場を入れると良いと思います➡修善寺おすすめ駐車場

私はこの日寄ろうと思っていた独鈷茶屋の近くに駐車場があると出ていたので、そちらに入ったら1番高い所でした。
これに懲りて、それ以来、そこには停めていませんが、立地は最高ですね。
私は歩くのは苦でないので、最近は1日400円の所に停める事が多いです。

肝心の独鈷茶屋はあるべき場所で見つけられなくてウロウロしてしまいました。
ナビを見ると、此処のはずとよくよくみたら、ありました。

tokko-chaya

入口前には貼紙がベタベタ貼られていて、一昔前の温泉地と言った店構えです。

1番賑わう場所にあるので、風情がある建物が見渡せます。
お値段もお手頃となっております。

こちらのお店は「修善寺ドッグカフェ」と検索すると出て来ますが、ただ外に長椅子が置いてあって、そこで食べられるだけです。
椅子には「当店利用者以外はご遠慮ください」とありました。

窓口におじいちゃんが出てきて対応してくれます。
殆どセルフサービスで、窓口に取りに行って、食べ終わったら持って行きます。

tokko-chaya

普通の観光地のお蕎麦でございました。

丁度良い天気の日で、外で食べていると観光客の皆さんが声をかけてくれます。
「わぁ、大人しい犬‼」「可愛い‼」
いつも言ってますが、他に犬がいなければ、本当に静かな息子達です。

こちら、わざわざ寄るような所ではありませんが、おじいちゃんは面白いです(笑)。
修善寺散策の際にソフトクリームなど食べてみると良いかもしれません。

さて、折角修善寺に来たので少し散策して帰りましょう。

古い街並を見るだけでも楽しいですが、観光名所竹林の小径を歩いてみました。

独鈷茶屋からは徒歩5分です。
平日でも観光客で賑わっていました。

円形ベンチの所で記念撮影です。

takebayashi-komichi

すっかりモデルにも慣れた息子達です。

駐車場の時間があるので、早々に戻りました。
最後にソフトクリームを食べて行こうと言う魂胆です。
独鈷茶屋さんの隣のお店が美味しそうだったので、そちらで購入しました。
独鈷の湯近くの足湯の所で頂きました。

足湯に浸かっている観光客の皆さんが「あら、良い仔達ね~」と静かにお座りして待っている息子達を褒めてくれました。
調子に乗って、のんびり食べていたら、突然現れた鳥にJethroが走り出して、ソフトクリームをぼったり落としました。
観光客の皆さんに笑われながら後片付けしましたが、殆どは息子達に舐められました。

※修善寺散策詳しい記事は➡修善寺で源氏を巡る旅、芙蓉庵、風の径も~源氏公園、指月院、修禅寺、範頼の墓~

タイトルとURLをコピーしました