海辺のサヤン~絶景デッキでバリ料理~

sayang宇佐美

宇佐美で初めてのバリ料理を頂いて来ました/訪問日・2020.7.20

ナビに海辺のサヤンと入れましょう。

ナビ通りで着きますが駐車場は少し先になります。
お店を過ぎたら左を見ていれば駐車場の看板がありますので、すぐ分かります。
広くて停めやすい駐車場です。

1階が宇佐美ダイビングセンターになっていますので、ダイバーの皆さんが沢山いらっしゃいました。

このお店に行こうと思ったのはFacebookに素敵な動画が投稿されていたからです。
海の真ん前に広いテラス席、そしてテラス席ペット可の文字に期待に胸膨らませての訪問です。

息子達を連れて入口に着くと、正直ちょっとがっかりしました。
かなり建物が傷んでいて、錆が目立ったからです。

↓店内への入口になります。

sayang

ワンコ連れは↑を左に進めば広いテラス席に出ます。

今の時期は暑いだろうからと、ちゃんと動画で屋根があるかチェックしておきました。
テラスの半分は日陰になっています。

sayang

建物と椅子の傷みでちょっとテンションが落ちかけましたが、やはりこのロケーションは素晴らしい。

お客さんは誰もいなかったせいか「いらっしゃいませ」とすぐにダイビングスーツの濡れたままのお兄さんが登場。
いきなり「今日はイルカが見えますよ」と言われて、慌てて海面に目をやりました。

sayang

「あの海面がもやもやしてる所。あそこに時々ヒレが見えますから」
「そうなんですか?」と目を凝らしていると、外国人のお兄さん登場(笑)。

片言の日本語で「いらっしゃい」とメニューを持って来てくれました。

sayang

小さい字で何だか見難くて「お勧めは?recommendation?」と聞くと「日替わりだね」と言うのでそれにしました。
ちなみに少し話した所によると彼はバリ人で「犬好きだよ」だそうです。

バリ人の彼が厨房で作ってくれているようでした。
トイレを借りようと店内に入ると「ドリンク、そこ」と教えてくれました。
メニューによるとドリンクバー付きでしたね。

トイレも傷んでいてちょっと不安になるドアの造りでしたが、広々していて悪くなかったです。

テラスでイルカのヒレが見えないかと目を凝らしていると、ダイビングスーツを脱いだお兄さんが料理を運んで来ました。

sayang

「イルカ、何回も見えてるけど、分かった?」と聞かれましたが「いえ、さっぱり」の残念なママ(笑)。

そのまま戻って行こうとするので「あの、これは何のスープですか?」と聞くと「あ、忘れてた。ウコンのスープとサンバルソースね」との事で、サンバルソースは何にでもかけて良いそうですよ。

すぐにプレートも運ばれて来ました。

sayang

実は値段を見ずに頼んでしまい、メニューを見て1750円の1番高いのと気付く。。。
味は悪くないのに、何だか美味しくなくて、途中で「全部ぬるいからだ」と気付く。。。

スープもカレーもご飯も熱々じゃない。
「何で?」と思って「バリ人猫舌」で検索してみると「確かにそういう傾向がある」と言うブログ発見。
うわ~、そうだったのか、日本人は暑くても熱い方が好きです(笑)。

何だかバリ人の彼にやられちゃった感満載だけど(笑)このロケーションは素晴らしい。

お勘定はダイビングスーツの彼が済ませてくれて「ゆっくりしてってください。今日は空いてるから」と言ってくれました。
いつもはダイバーさんで混むのかしらね。

テラス席にはちゃんとリードフックもありました。
ワンコとゆっくり海を見るには良いお店ですよ。

再訪する際はアイスクリームにしようと心に誓いました(笑)。

近くの浜の記事もどうぞ➡宇佐美留田浜辺公園とミャゴラーレ~海辺散歩とイタリアン~

タイトルとURLをコピーしました