長者ヶ原山つつじ祭りとカフェ座禅石、あいあい岬も~南伊豆の地味なお祭り~

chojagahara南伊豆

今回は南伊豆の地味な祭りと、びっくりだらけの隠れ家カフェです/訪問日・2019.5.8

ナビに長者ヶ原山つつじ公園と入れましょう

子浦に行く時県道119号を通って、かなり心が折れたので、今回は国道136号から行きました。
でも心折れる道の手前を左に入ったので、伊東方面から行く場合は119号で良いと思います。

参考記事➡子浦とフラムジャック~タイムトリップ散歩~

細い道を上って行くとササユリの里 天神原植物園が見えますので、そこを鋭角に右に曲がります。
不安になるような細い山道ですが、大丈夫です。祭り期間中は一方通行になっていますので、対向車は来ません。

しばらく走ると左手にビジターセンターがあって、広場になっていますので、そこに車を停めましょう。

chojagahara

私達が行った時、かなりの台数が停まっていたので「意外とお客さんが来るんだなぁ」と思ったのですが↑のおじさんに「お宅らが、今日初めてのお客さん。あの車は手入れのボランティアさん」と言われました。

かなりの広さになりますので手入れが大変なようです。
祭りは5月5日から20日との事でしたが、9日でも、まだこれからのようでしたね。

入園無料ですが、ちゃんとパンフレットが貰えます。

「そこ登ってって。頂上に行ったら富士山が見えるか確認して来てよ」とおじさんに言われて、山つつじ見学スタートです。

あちこちで草刈りなどしていて、人が沢山いるので安心して歩けます。
「楽々コース」と「健脚コース」に分かれていますが、同じ道です。上りが急坂なのが健脚コースで、反対周りが楽々コースになります。

chojagahara

訪れる時は必ずスニーカーを履いて下さい。

おじさんが「ワラビも採れるから叢に入る人がいるけど、ダニがいるから、犬は気をつけてね」と言っていたので、脇道には入らないよう注意しながら登りました。

30分程で周れるコースですので、すぐに頂上到着です。

頂上展望広場には〇兄ちゃんの好きな東屋があるだけで、他には山つつじしかありません。

chojagahara

この日は好天で富士山が見えました。

山つつじは、かなり地味で好みが別れる所でしょうね。
普通に華やかなのがお好きな方は小室山の方が楽しめますよ。
こちらは丁度小室山のつつじ祭りが終わった頃に開催されます。
標高の差でしょうか。

参考記事➡小室山~カフェ&ボードウォーク出来ました~

下りの帰り道で、休憩中のボランティアのおばちゃん達と遭遇したので、少しお喋りしました。
「犬はダニが付くよ」「うちは車はダニだらけになった」などと脅されましたが、幸いうちの息子達には付きませんでした。
叢に入れなかったのが良かったようです。

※見た目は付いてなかったのですが、数日痒かったです。
かなり強いダニのようですので、ガードして行く事をお勧めします。

ビジターセンター前の井戸水には「飲めません」と書いてありますが、「大丈夫、みんな飲んでる」とおじさんが言うので、息子達に飲ませました。
冷たいので美味しそうに飲んでいました。

ほんの少しですがお土産品やお菓子、飲み物など販売されているので干し梅(350円)を購入しました。
帰宅して食べたら、酸っぱくなくて美味しかったです。

次の目的地はcafe座禅石です。

実は長者ヶ原山つつじ公園には1度来ていて、その時はシーズンオフだったので散歩だけして帰ったのですが、途中にある「カフェ座禅石」と言う看板が気になっていました。
前回は「close」になっていたので諦めたのですが、今回は看板に「open」と出ていました。
ネット情報に「テラス席あり」と出ていたので、電話してみると「テラスなら犬OKです」との返事でした。

張り切って向かったのは良いのですが、店がちっとも見えて来ません。
「第二駐車場」と言う場所は見つけたものの、店がどこだか分からなくて、ナビが言うままに進むと、普通の家の前に着きました。
不審げに家の中から顔を覗かせていたおばちゃんに「cafeはどこですか?」と聞くと「あ~、何かナビはうちになってるらしいね」と笑いながら出てきてくれました。

おばちゃんは「これも何かの縁だから」と車ごと誘導してくれて、更に店の入口の門まで案内してくれました。
「cafeの人達、良い人だけど個性的だよ。ゆっくりしてってね」と手を振るおばちゃんに「ありがとうございました」と告げて、階段を上りました。

てっきり普通に山っぽいカフェの建物を想像していましたが、見えて来たのは何件もの建物で、びっくりしました。
「こっちから周って下さい」
奥様と思われる方に促されて進んで行くと、テラス席と言うか、森の中に席が用意されていました。

建物は5棟ありました↓

息子達を繋いでから、ポツンポツンと建物が配置されている森の中を独りで散策しました。

私同様、どこか分からなくてウロウロしていて、結局私の後を付いて来たご夫婦も「すごい‼こんな山の中にびっくり‼」と感心して見て周ってました。

おばちゃんが「個性的」と言っていた奥様は、私が「道に迷いました」と言ってもスルーで「犬はそちらに繋いで下さい」と指示しただけでした。

メニューの品数は少なめ↓で後はドリンクですね、アルコールもありますよ。

cafe-zazenseki

私は↓を注文しました。

cafe-zazenseki

カレーは丁寧に作ったドライカレーのような感じでしょうか。
スープもサラダのドレッシングも、全体的にスパイスが効いていた気がします。

息子達にパンを少し残そうと、カレーだけ食べていたら
「うちのカレーはパンに付けて食べて下さい」と注意されてしまいました。

完食してお勘定を済ませたら、息子達を連れて再び探索しました。

ギャラリーのセッティングをしていた方に「見てって下さい」と言われたので、寄ってみました。

素敵なサイドテーブル付きの椅子は19万だそうで、もちろん買えません。

こちらのカフェは、すごい山の中で、しかも分かり辛く、更にopenしてる日が少ないので、良くご確認の上お出かけください。
頑張って行く価値はあると思います。

次の目的地はあいあい岬です。

こちらは景色が良くて空いているので、近くに来ると寄りたくなる場所です。

売店から見えるユウスゲ公園は丁度良い散歩コースになっております。
あいあい岬から徒歩5分ほどですが、公園前に5台停められる駐車場もありますよ。

aiai-misaki

可愛い撮影スポットもあります。

aiai-misaki

売店のソフトクリームはスジャータですが、ゆっくり一服出来るのは嬉しい。
売店のお姉さんも犬に優しくて「お水足りますか」と声をかけてくれて、助かりました。

すぐ近くの石廊崎オーシャンパークは有料ですが、こちらなら無料でトイレ休憩出来ますよ。

※参考記事➡石廊崎オーシャンパークとしいの木やま~崖っぷち神社と出張ランチ~

最後に旭洋丸水産のご紹介です。

あいあい岬から下田方面に走って行けば左側に見えて来ます。
大瀬花狩成晃園の隣になります。

※参考記事➡大瀬花狩成晃園と青木さざえ店、岩田商店も~南伊豆で花狩と塩アイス~

kyokuyoumaru

もう昼過ぎだったので試食は余り出ませんでしたが、朝行けば沢山焼いてくれます。
この日は甘酒を出してくれました。
味醂干しがお勧めですよ。

タイトルとURLをコピーしました