一条竹の子村と入田浜~ワンコと筍狩り~

南伊豆

筍狩のシーズンになりました/訪問日・2019.4.16/最終更新日・2021.4.19

ナビに一条竹の子村と入れましょう。

136号から曲がって、県道119号を走って行くと左手にあります。
分かり易いので迷う事はありません。

平日の朝早くに行ったので誰もいないかと思いきや、先客がすでに受付をしていました。
息子達を降ろしていると、受付のおばちゃんが「うちも裏にワンコがいるんですよ」と寄って来て撫でてくれました。
電話で「犬連れでも良いですか?」と聞いた時から「みんな連れて掘ってるよ」との返事で、ワンコに優しい施設のようです。

入園料650円を支払うと「今、バスの人呼んでくるから」と言われました。
勝手に受付の裏辺りを登って行く物と思っていましたが、バスで移動するようです。

「はいはい、お待たせ~」
おじさんがマイクロバスのドアを開けてくれます。
どうせ土が落ちるからか、ワンコが座席に飛び乗っても何も言われませんでした。
息子達とぴったり一緒にいられるのが嬉しい、親バカママです。

takenoko

バスは細い山道を進んで行きます。

筍狩なんて産まれて初めてで「簡単に掘れますか?」と聞いたら「簡単じゃないよ」と言われて、ちょっとビビる。
「若い2人組が、もう掘ってるから。お母さんなら年の功で上手く掘れると思うよ」
おじさんは、なぜか私の事をずっと「お母さん」と呼んでいました。

年の功で掘れる物なのかと疑問に思ってる内に到着です。
クワは現場に置かれていて、自分で持って行くシステムです。

「この辺が良いと思うんだ」
おじさんに連れられて竹藪の中に入ります。
先客の若い女性2人組は熱心に掘っている所でした。

おじさんは「犬はその辺に繋いでね」と言うと筍を探してくれました。
「此処と・・・此処が良いんじゃないかな」
2ヶ所掘る所を指示すると「じゃ、下行って来るから頑張ってね」とバスに戻って行きました。
お客さんを運んでは、様子を見て指導して、連れて帰るの繰り返しのようですね。

takenoko

バスに乗ってワクワクしただろうに、現場ではやる事がなくて申し訳ない。

掘り始めようとして、手袋がない事に気付きました。
長靴のレンタルは目に入ったのですが、手袋販売を見逃したようです。
失敗したと思いましたが、仕方ないので素手で掘り始めました。

おじさんが「簡単じゃない」と言った通り、周りは石や根がいっぱいで固くて、なかなか掘り進める事が出来ません。
痛む腰を押さえながら、何とか掘り続けました。

やっとの事で小さい筍が1本掘れました。

takenoko

 もうコレで止めても良いかな、と思いましたが、戻って来たおじさんが「お母さん、もうちょっと掘ろうよ」と言うので、もう1ヶ所に挑戦しました。
ところが、2本目は根がスゴクてとても掘れません。
少しずつ土を避けては掘り続けましたが、先が見えないまま、またおじさんが他のお客さんを連れて戻って来ました。

「あれ、此処はちょっと無理だったかな」と言うので「折角掘ったのに」とがっかりしていると、お客さんのおじさんが「俺が掘ってやるよ」と言ってくれました。
どうやら、慣れている方のようで、上手に掘り出してくれました。

バスのおじさんは若い2人組を送り届けて戻って来ると「良かった。何とか2本掘れたね」と笑っていました。
若い2人組は4本の大きな筍を抱えていましたね。
年の功は役に立ちませんでした。

再びバスに乗って受付まで戻ります。

戻ったら筍の計量があります。
金額は販売されている物と同じだそうで、入園料は掘る楽しみの料金と言う事になりますね。

2本で「1800円だけど、大負けで1000円ね」と言われました。
正直沢山掘っても沢山お金を払わなくてはならないから、と躊躇していたのですが、余計な心配だったようです。

一仕事したらお腹が空きました。
この竹の子村ではシーズン中だけ、地元の食材で作られた食事が頂けるんですよ。
もちろんメインは筍です。

店内はワンコ不可ですので、外の席に座りました。
中に入って注文して、料金は先払いになります。
ノンアルも見つけたので購入して席に戻りました。

takenoko

注文したのは↓です。

takenoko

味は普通の家庭料理でしたね。
何かホームページと違うと思ったら「虹鱒が海藻になる事あり」と書いてありました。
虹鱒が良かったです。

※再訪して、筍は掘りませんでしたが食事だけして来ました/2021.4.19記
前回、定食は頂いていたので単品にご飯と味噌汁を足してみました。
筍カツは筍に豚肉を巻いて揚げた物です。

途中でかなりお腹いっぱいになって、完食するのが大変でしたが、すぐにお腹が空きました。
やはりヘルシーなんですね。
ダイエットによさそうです。

パクパク食べていると、バスのおじさんが紙包みを持って近付いて来ました。
「お母さん、あんまり掘れなかったから。コレ、小さいけど持ってって」と、筍をくれました。
これだけサービスがあるなら、充分満足ですね。

※翌年、椎茸狩りにも行きました➡一条竹の子村と敷根公園~炭火焼椎茸と丁度良い散歩~

息子達にはおやつをあげました。
さて、息子達は散歩をしていないので、どこかに寄らなければなりません。

山は満喫したので、下田の入田浜海水浴場に寄る事にしました。

「少し分かり難い」とネットに出ていましたが、海水浴場はどこも海側に曲がれば着く筈と、ナビが「右に曲がります」と言う所を曲がったらホテルの入口でした。
駐車場受付の女性は慣れているらしく「そこでUターンして下さい」と優しく言ってくれました、すみません。

ホテル入口より、少しだけ南伊豆寄りの道に入って進んで行けば、入田浜が見えて来ます。
シーズンオフは駐車場無料ですので、線が引っ張ってある所なら何処にでも停められます。

※目の前に素敵なピザ屋さんできました➡FermenCo.~入田浜目の前のお洒落ピザ屋さん~

南国を思わせる美しい浜に青い海。
思わず「良い所ね」と息子達に声をかけました。

浜では男性が1人、砂遊びをしていました。
前につんのめって、砂に潜らんばかりに熱心に何かを作っています。

私達は端から、ゆっくりと歩き始めました。

少しずつ、先程の砂遊びをしている男性に近づいて行くと、外国人だと気付きました。
ヘタな英語で「何を作ってるんですか?」と聞くと「息子にcastleを作ってるんだ」と笑っていました。
手の平を下げて「まだこのくらいでね、そろそろ来ると思うよ」と言う視線の先から、可愛い男の子が駆けて来ました。
まさに絵のような光景でしたね。

「家族で1ヶ月ほど旅行してるんだ」と言う男性に「楽しんで下さい」と手を振ってお別れしました。

こちらは、それほど有名な浜ではありませんが、外国風で素敵です。
今井浜より、個人的には好きですね。

iritahama

伊豆の海に来るなら、是非下田に足を延ばして下さい。
綺麗な浜が沢山あります。
海水浴シーズンはワンコ不可の所もありますが、オフシーズンの散策は最高ですよ。

※ワンコが入れる海水浴場情報は➡白浜神社とびわの木、福之家も~犬と入れる海水浴場情報~

タイトルとURLをコピーしました