栖足寺と蓑掛岩、青木さざえ店も~かっぱと奇石見学~

kappa河津

河津で楽しいお寺見学と、南伊豆で奇石&海辺ランチです/訪問日・2019.4.23/最終更新日・2021.3.24

ナビに栖足寺と入れましょう。

135号から少し山側に走ります。
私のナビは一般車進入禁止の道を教えてくれて、一瞬迷いましたが、普通に信号の所を曲がれば、すぐに右手に見えて来ます。

カフェスペースの方が先に目に入りますが、その横の駐車場の先にお寺があります。
アイキャッチのカッパが手前にあるので、まずは記念撮影しました。

入口付近にある社務所で胡瓜が500円で売られていて、それをお供えするシステムです。
「きゅうり封じ」と言って、病根や邪気を胡瓜に浸み込ませて封じ込めるのだそうです。

kappa

胡瓜好きのJethroが食べはしないかと慌ててリードを引きましたが、かなり萎びていたので興味なかったようですね。

なかなか面白そうなお寺だと、ワクワクしながら進んで行くと、住職さんが出て来ました。
「うちにも柴がいるんだよ」と言って〇兄ちゃんを撫でてくれました。
Jethroは「柴」と言うwordが分かったのか、珍しく寄って行きませんでした。

「ギャラリーは抱っこなら入れるよ」と言われましたが、うちはどう考えても無理ですよね。
住職さんによると「この間、写真撮りたいからって、ラブラドール抱いて入った人がいたよ」との事で、一瞬、Jethroを抱いて入ろうかと血迷いました。

「ゆっくりしててっよ」と住職さんが去ると、先程から見えていた井戸の方に進みました。

kappa

こちらはカッパが逃げ込んで助かったと言われていて、ここに置いてある石は無料で持ち帰れます。
水難避けのお守りになるそうです。
水好きのJethroの為に1つポケットに入れました。

次はギャラリー見学です。
息子達は入口横で待っていてもらう事にしました。

kappa

Jethroが吠えるので、大急ぎで見学です。

天井が有名らしいですが、慌てていて撮り忘れました、すいません。


※撮って来ました/撮影日・2021.3.24

kappa


中では色々販売されていて、先程の石を入れる袋を300円で購入しました。
お金は賽銭箱のような箱に入れると言う、人としての良心が試されるシステムになっております。

本堂から出ると寂しがっているJethroを抱き締めて、静かに待っていた〇兄ちゃんには「ありがとね」と声をかけました。

見学は終わりですが、来た時から外に造られているカフェスペースが気になっていました。
社務所にいた住職さんに尋ねると「うちと連携してるカフェだよ。あそこにいる奥さんに声をかけて」との返事で、寄ってみる事にしました。
ちなみに御朱印を購入すると割引になるそうですよ。

kappa

ウッドチップが敷き詰められていて、ワンコにも嬉しい造りです。
この日は黒板メニューにあったジュースはないとの事で、アイスコーヒーを注文しました。
確か300円です。

※後にちゃんとしたカフェとしてオープンしました⇒Cafe&Records Delmonico’s~河津桜の時季にオススメ~

〇兄ちゃんはかなり気に入ったようで、帰りたがらなくて困りました。

次の目的地は蓑掛岩です。

南伊豆になりますので河津からですと40分ほどかかるかと思います。
蓑掛岩は石廊崎オーシャンパークに行く途中を少し左に入るだけなので、行き易いですよ。

minokakeiwa

前述の紹介ページには「ペット不可」となっていますが、海水浴シーズンだけでしょうね。
「大瀬海水浴場」と札が出ていて、シャワーやトイレもありますが、ネットには海水浴場としての情報は見つけられませんでした。
一応海水浴場と思われる場所は確認しましたが、砂浜ではなく砂利のようです。

良さが伝わるように素敵な画像もどうぞ➡蓑掛岩 画像一覧

ランチは近くの青木さざえ店に行く事にしました。

こちらは有名ですので、皆さん、ご存知かと思います。
ワンコはテラス席のみになります。

伊東方面から来る場合は、135号、136号とただただ真っ直ぐ走って行きます。
マーガレットラインの方には曲がらず、そのまま進んで行った突き当り右手に大きく「青木さざえ店」と出ていますので、すぐ分かります。
海水浴シーズン以外なら弓ヶ浜の駐車場に無料で停められますが、お店の駐車場は別にあるようです。
初めての時に電話した所「海の駐車場で良いよ」と言われたので、そのままになっています。
シーズンに行かれる方は電話確認して下さい。

参考記事➡大瀬花狩成晃園と青木さざえ店、岩田商店も~南伊豆で花狩と塩アイス~

こちらのお店は弓ヶ浜真ん前で、海風が気持ち良くて、価格も手頃なのが気に入ってます。

 今までアワビ丼、刺身定食など頂いてきましたが、初めて名物の↓を注文してみました。

aoki-sazae

ラーメンにここまでの金額を払いたくなくて避けていましたが、丸々伊勢海老が入っていて、たっぷり頂けます。
スープは薄めの味噌ラーメンと言った所で、麺は普通でした。
伊勢海老の身はなかなか食べ応えがあって満足でしたが、やはりすぐにお腹が空いてしまいましたね。

息子達にはラーメンを少し分けてあげました。

不定期営業が多い伊豆では珍しく年中無休です。
食事の後、息子達と浜を歩くのも楽しみ。
息子達もご機嫌で遊んでくれて、笑顔が沢山見られる場所です。

前回訪問の記事➡つるし雛祭りと青木さざえ店~圧巻の段飾り~

タイトルとURLをコピーしました