一碧湖にテラスカフェopenしました~ワンコとスワンボート~

ippekiko伊豆高原

今回は我が家からも近い一碧湖に行って来ました/訪問日・2019.5.24/最終更新日・2021.5.22

ナビに一碧湖と入れましょう。

いつも普通に行っているのでナビでどこに着くかと、試しに入れてみた所、前述のホームページに「沼地入口駐車場」と記載されている場所に着きました。
正確には「到着しました」と言われたら、横に湖が見えて、その向かいが駐車場です。
ただ此処の駐車場は狭いので、混む時期は満車になります。

135号から来た場合、急カーブの所に「一碧湖駐車場」と看板が出ている、旧一碧湖美術館が広いので間違いないです。
こちらからの方がCafeには近いです。
Cafe専用駐車場もありますので、Cafeのみ利用の場合はそちらにどうぞ。

私達は沼地入口に停めました。
目の前に一碧湖が見えていますので、道路を渡って散策を始めましょう。
「伊豆の瞳」と言われるだけの事はある、美しい湖です。

今回は左回りで進みます。
帰りにゆっくりCafeに寄ろうと言う計画です。

木陰の涼しい遊歩道は、一周4キロ弱ほどで、中大型犬には丁度良い散歩コースになっております。
5分ほどで芝生広場に出ます。

芝生広場がいつもより狭いと思ったら、数日前の大雨で増水していました。
普段はもっと広くて、遊びやすいのですが、この日は木立と湖がくっつきそうに近かったですね。

広場には与謝野鉄幹・晶子碑があります。

ippekiko

一碧湖には沢山の野鳥もいますよ。

ippekiko

Jethroが騒がなければ近くまで行けるのですが、とにかく追いかけたくて大騒ぎするので遠くからで、すみません。
retrieverは回収する本能があるから仕方ないとは言いますが、危険なので何とか止めさせたいです。
〇兄ちゃんが止めようと吠えるので、余計に喧しくなってしまって、人目を集めてしまいました。

広場には「大池の赤牛」と言う札が立っていて、赤い鳥居の謂れが書かれています。
ただ、ちょっと遠目なので、もう少し先まで進んだ方が良く見えます。

神社がある場所の水際から見た図です↓

ippekiko

↓が一碧湖神社です。

ippekiko

この場所にも数台駐車出来ますよ。

此処を過ぎると道が悪くなります。
上り下りもあって、狭い箇所も多いので、ワンコが落ちないように気をつけて歩きましょう。
※新しい遊歩道が完成して歩きやすくなりました/2021.5.22記

この日は真夏日との予報通り、かなり暑かったですが、気持ち良く歩けました。初めて歩いた時は随分長く感じましたが、慣れると丁度良い散歩路です。

高齢の方には、一周を日課にしている方も多く、通っていると顔見知りになりますよ。

民家が見えて階段を下りるとトイレがあって、ボート乗り場が見えます。
そこに4月25日にオープンしたのがテラス・カフェ・一碧湖です。
※冬季休業あり。ホームページでご確認ください。

ippekiko

しばらく行っていなかったので、古びた建物があった場所に忽然と洒落たカフェが現れて、びっくりしました。
従業員が若い男性なのも伊豆では珍しく、ちょっと動揺。

「犬連れですが構いませんか?」と聞くと「もちろん、どうぞ」と言うので、テラスに上らせて貰いました。

湖畔の素敵なテラス席です。

「何を召し上がりますか?」

お兄さんがメニューを持って来てくれるのも新鮮です。
アルコールが多いのは観光客向けだからでしょうか。

朝7時から開いているとの事で、散歩途中に寄ってラムネなど飲んでみたいと思いました。
パンなどの軽食もありますよ。

今回は初訪問ですので奮発して名物を頂きました。

ippekiko

かなりインパクトがあるビジュアルです。
白い部分がミルク、青い部分は塩ソフトだそうです。
※値上がりしたようで現在は480円です/2020.10.6記

食べた人達の感想が一様に「微妙」だったので期待していませんでしたが、普通に美味しかったですよ。
そして、意外と量があります。
〇兄ちゃんのお腹の調子が悪かったので、息子達にはあげませんでした。
乾燥人参のおやつで我慢です。

こちら、ボートも営業しておりまして、確か以前は犬も乗れたはずと、お兄さんに尋ねてみました。
「犬とボート乗れますか?」
「足で漕ぐスワンの形のなら、大型犬もOKです」
2000円とお高いので、またの機会にしましたが、乗ったら追記しますね。

※ボートに乗って来ましたので追記します/2019.6.20記

cafeに行って「ボートに乗りたい」と言いましょう。
普通のボートは小型犬のみで抱っこになるそうですが、スワンボートなら大型犬も乗れます。

お金を払ったら目の前のボート乗り場に案内されます。

増水していて、〇兄ちゃんがかなり嫌がりましたが、何とか宥めて乗せました。
cafeのお兄さんの説明を聞いたら、舫を外して貰って出発です。
初めてで進むかどうか不安でしたが、ちゃんと動き出してホッとしました。
利用時間は「30分くらいでお願いします」との事でした。

湖の真ん中辺りまで漕いで行ったら、しばらく親子でまったり過ごしました。

風が気持ち良くてボーッとしてたら、釣り船のおじさんに「流されてるよ~、ジャマだからあっち行って~」と注意される。

一生懸命漕いで移動して、時計を見ると後少しで30分でした。
どうも乗り場とは反対に流されるようで、かなり遠くなっていて、必死で漕ぐハメになりました。

乗り場でお兄さんが待っているので、更に必死で漕いで何とか戻れました。
「お1人で大きな仔2頭なんてスゴイですね」
良く言われます。
1人だと漕ぐのが大変ですが、湖上は大変気持ち良く、素敵な時間が過ごせますよ。

※Cafeメニューにも変更があったので追記しておきますね。

食事も出来るようになりました。
レモネードはちょっと高いけど、綺麗な青色になっております。

※新メニューが発売されたとの事で行って来ました/訪問日・2019.9.6

只今流行中のタピオカです。
写真はマンゴーミルクになります。
かなりお高いですが、美味しかったですよ。

沼地入口駐車場まで戻って、もしお時間があったら、トイレのある方に進んで↓を渡った先にある広場に行ってみてください。

ippekiko

良くワンコが集まって遊んでいますよ。
地元のワンコとの交流も楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました