伊豆ドッグランドと筏場のわさび田~近辺の直売所も~

izu-dog-land 伊豆市

ランで遊んで、お買い物&見学です/訪問日・2019.8.5/最終更新日・2022.9.6

伊豆ドッグランド

ナビに伊豆ドッグランドと入れましょう。

以前は、土日しかやっていないとネットに出ていたので、なかなか行けずにいました。
改めて調べたら休みは火曜のみになっていたので、行ってみる事に。

行った方のblogなどによると「行きの道がとにかく細い。大型車は無理」などと出ていました。
でも、伊豆では良くある事と甘く見ていました。
幹線道路から入り「少し細いかな」と思って進んで行くと、途中から舗装もされておらず、絶対擦れ違えない道に。
ビクビクしながらナビを見ると「後1分」になっていて、右に入ると「伊豆ドッグランド」の入口があってホッとしました。
※現在はナビとは違う方向に「⇐伊豆ドッグランド」という看板が出ています。そちらの方が走りやすいですが、対向車が来るのでご注意ください/2021.4.19記

駐車場は5、6台しか停められないので狭いと思ったら、第2駐車場もあるようです。

駐車場の目の前はシャッターが閉まっていたので「やってないのかな」と不安になりました。
電話確認していたので、入口を探しました。

駐車場とランの間にリゾートっぽい入口があります。
入って行くと広くて綺麗な建物でした。

カウンター内に関西弁のおばちゃんがいました。
大阪の会社が経営しているそうです。
「だから関西弁なんですね」と言うと「いやぁ、分かるぅ?分からんと思ったぁ」って・・・バレバレです(笑)。

こちらは会員になるとお得なシステムで、ビジターはやや割高になります。
今気づきましたが、年会費も1000円ですので、会員になった方がお得だったかもしれません。
今回はビジターで、我が家は2600円払いました。
※再訪した所、値下げされていて2100円でした/2021.4.19記
詳しい料金はホームページをご覧ください。
大型犬も小型犬も同じ料金なのが、我が家には嬉しい。

まずはランに入って遊びましょう。

大型犬エリア、小型犬エリア、初心者エリアもあります。
誰もいなかったので1番広い全犬種エリアを貸切で利用出来ました。

izu-dog-land

〇兄ちゃんは初めての所に行くと喜ぶのですが、すぐ帰りたがります。

少し涼もうと、〇兄ちゃんの大好きな建物の中に入りました。
「写真撮らせてください。インスタに載せますから」と言われたので「どうぞどうぞ」と差し出しましたが。

こちらには林間コースと言う散歩道があるので歩いてみるつもりでした。
「林間コースに行きたいのですが」と告げると「あ、こちらですぅ」と駐車場近くの入口まで案内してくれました。
そして「私1回行ったんですかけど、迷っちゃって」と言うので「え‼」となりました。
「20分しても帰って来なかったら捜索隊を出します」だそうです(笑)。

気を取り直してスタートです。
いきなり蜘蛛の巣顔面直撃で、気持ちが萎える(笑)。

散歩道と言うより山道です。
途中に何か作ろうとしているらしく色々ありました。
おばちゃんが「プールを置こうと思ってるんだけど大きいのがなくて」と言っていました。

700mのコースと出ていたので迷う訳ないと思っていましたが、真っ直ぐ進んで行くと行き止まりに。
随分下がったので上がるはずと辺りを見回していると、だんだん不安に。
電話すると「現場の者に電話させます」との返事。
何とか自分で道を見つけて歩き出しました。
現場の方からの電話は間に合わず(笑)。

無事建物に戻るとホッとしました。
息子達にお水を頂いて、ママもちょっと休憩です。

izu-dog-land

持ち込みもオッケーだそうです。
何回でも出入りもできますので、お弁当持って1日遊ぶのも良いですね。
※現在カフェは休止中。持ち込みのみになります/2022.9.6追記

折角お高い料金を払ったので「もう少し遊ばせて帰りますね」と声をかけて、ランに戻りました。
珍しく〇兄ちゃんが走ってくれて嬉しかった。

今日は人間だけの場所に移動です。

近辺の直売所

まずは我が家のお気に入り季多楽です。

ドッグランドからは15分もかかりません。

地元新鮮野菜がお安く買えます。

つと豆腐も販売されています。
有料になりますが保冷剤もあるので、地元品を是非お買い上げください。

さらに、わさび田方面に2分ほど走るとたまご直売あいらんどがあります。

地味な外観ですが看板が出ているので分かると思います。

残念ながら店舗は開いていなかったので、自販機で卵だけ買ってみました。
自宅で頂いた所、色が薄く、すごくあっさりとした味わい。
パパは「色が薄くて気持ち悪い」と嫌がっていました。
この近くで放し飼いの烏骨鶏の卵を頂いた事がありますが、やはり、こんな感じでした。
天然物は色が薄いのかもしれません。

筏場のわさび田

では筏場のわさび田に行きましょう。

「道が細い」と出ていましたが、思ったほどではありませんでした。
県外ナンバーもそこそこ走っている、伊東西伊豆線近くです。

駐車場はないと思っていたら、数台停められる🅿と書かれたスペースがありました。

見事なわさび田が広がっています。

ikadaba-wasabi

息子達を降ろして、少し散策。
地元のおばちゃんが笑って見てました。

涼しいので夏は良いですが、春などは上着が欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました