大瀬花狩成晃園と青木さざえ店、岩田商店も~南伊豆で花狩と塩アイス~

oose-hanakari南伊豆

今回は南伊豆の素敵な花狩園と海辺散策&ランチとデザートまで行きます/訪問日・2019.3.20

ナビに大瀬花狩成晃園と入れましょう。

136号をマーガレットラインの方には曲がらずに真っ直ぐ行って、次の信号を右に曲がります。
進んで行くと、右手にある干物屋さん旭洋丸水産の隣が大瀬花狩成晃園です。
道路脇の広くなっているスペースが駐車場です。

ホームページの一面のお花の写真が素敵で行ってみようと思ったのですが、ワンコが入れるかどうかは確認していませんでした。
丁度近くにいた中年女性に「犬を連れて入っても良いですか?」と聞くと「どうかしら、花を弄らなければ良いけど・・・」と消極的な返事。
そこに主と思われるおばあちゃんがやって来たので「犬を連れて入っても良いですか?」と再び尋ねると「ああ、ああ、構わないよ」と快諾してくれました。

でも、大きい犬2頭とは言ってなかったので、降ろしてから迷惑な顔をされないだろうかと、不安に思いながら息子達を連れて入って行きました。
おばあちゃんは「大きい仔達だねぇ」と目を丸くしていましたが、嫌がる様子はなく「ハウスの中も入って良いからね。ゆっくりしてって」と言ってくれました。

それほど広さはありませんが高低差がある園です。
息子達を連れて見学させて頂きました。

oose-hana

色とりどりの花が咲いていて、とても綺麗でした。
少し狩ってみようかとも思いましたが、私はすぐ枯らしてしまうので、見学だけが良さそうです。

oose-hana

一通り見て周って、干物でも買って帰ろうかと思っていたら、おばあちゃんに呼ばれました。
「入ってきなよ。犬も一緒に」
ハウスの中でお客さんの花をまとめているようでした。
「そんなに大きい犬じゃ、食費がかかるだろ?」
椅子を勧められて、図々しく腰かけて話をしていると、先程の中年女性が何か運んで来ました。
「どうぞ」
2つの竹の器にはお茶と甘酒が入っていました。

都心から来たと言う中年のご夫婦は「此処は安いから、毎年来てるんだ」と話してました。
花好きな方には嬉しいスポットのようです。

おばあちゃんの年齢を聞いてびっくりしたり、お花の育て方を聞いたりして、楽しい時間を過ごしました。
年齢の割にあやふやな所が少しもなく、計算も素早く出来る、とてもしっかりした方でした。

何も買わないのは余りにも図々しいと、安い苗を1つ買いました。
「これは植えとくだけで増えるから。誰でも育てられるよ」
そう言われたのに、パパに「植えといて」と渡したら、そのまま忘れて枯らしました、すいません。

隣の干物屋さんは以前から気になっていたので、息子達を車に戻してから、覗いてみました。

oose-hana

こちらは朝の内に行くと沢山試食できるらしいです。
私もかなり頂きました。

ただ、少量では余り販売していないので、1番美味しいと思った鯖の味醂干しは買いませんでした。
1000円以上で沢山あっても、冷凍出来るとは言え食べきれる自信がありません。
結局、鯖の頭の干物を購入して、店を出ました。

ランチは青木さざえ店に行きましょう。

こちらは色んな方がSNSに投稿されているのでご存知の方も多いでしょう。

海水浴シーズン以外なら弓ヶ浜の駐車場に停められます。
店の前に「駐車場あります」と出ていますので、停められない時期は聞いてみてください。
私は初めて来た時に聞いたのですが「海の駐車場で良いよ」と言われて、店の駐車場には停めた事がありません。

aoki-sazae

店内は空いていたのですが、気持ち良い天気で、テラスで海鮮BBQをやるお客さんが多くて、端っこしか空いていませんでした。
遠くから来たと思われる観光客の皆さんは楽しそうにはしゃいでいました。
注文した後、目の前の弓ヶ浜で遊んでいて「出来ましたよ~」とお店の人に呼ばれているのが、伊豆っぽくて良かったですね。

この日は随分ウロウロしてしまったので、何だかこってりした物が食べたくて↓を注文しました。

aoki-sazae

鮑感は余り分かりませんでしたが、しっかりしたクリームコロッケで食べ応えがありました。

この日はちょっとウロウロし過ぎたようで、甘い物が欲しくなりました。
確か近くに「塩アイス」の看板が出ていたはずと、検索してみた所、お店発見。
寄って行く事にしました。

ナビに岩田商店と入れましょう。

ナビに入れなくても、青木さざえ店から戻って行く途中に「塩アイス」の看板が出ていると思います。
本当にすぐ近くですよ。

iwata-shoten

店の前にも隣にも車は停められます。

店内に入って行って「塩アイス、ください」と言うと「ミックスに出来るよ」と言われました。
塩ばかりでは飽きるかもとミックスにしてみました。

iwata-shoten

思ったよりも、あっさりとした味わいでジェラートのようでした。
息子達にも少し分けてあげて、満足して帰途に着きました。

南伊豆はアクセスが悪い分、自然が沢山残っていて、素敵な所です。
是非1度足を延ばしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました