白浜神社とびわの木、福之家も~犬と入れる海水浴場情報~

shirahamajinja下田

今回は海辺の神社とおじいちゃんマスターの下田カフェのご紹介です/訪問日・2019.6.21

ナビに白浜神社と入れましょう。

正式名称は↑をご覧ください。
白浜神社は通称だそうです。

今回は迷う事なく到着です。
伊東方面から進んで、135号の白浜海水浴場駐車場の看板が見えて来たら、左に看板が出ています。
「白浜神社はこの先の横断歩道を左折してください」

私のナビでも正確に教えてくれました。
左に曲がると目の前に「参拝者の方は1時間無料。参拝者以外は1日1000円」と大きく出ていますので、そのまま進んでください。
私は間違えて右にある駐車場に停めて「300円を箱に入れてください」と書いてあったので、危うく入れる所でした。
下に「ここは白浜神社の駐車場ではありません」と書いてあったので、慌てて移動しました。

広い駐車場に停めたら、左手の建物がある方に入って行きます。
135号から鳥居が見えている方です。

授与所の前辺りに出ます。

境内は広くておみくじ、縁結びの神様など色々あります。

shirahamajinja

おみくじは100円なら引こうと思いましたが、200円なので止めました。

目の前に大きく見えているのは本殿ではなく、拝殿です。

shirahamajinja

なぜか待てない〇兄ちゃん。

拝殿の左側にある階段を上って、本殿を目指します。

shirahamajinja

此処でヒヨコのぬいぐるみを持ったお兄さんに「こっちの方が何かあるんですか?」と聞かれたので「本殿と書いてありますでしょう」と看板を指差しました。
お兄さんは「ありがとう」と走って上がって行きました。

息子達はご機嫌で階段を登って行きます。

梅雨で曇り予報だったのに、陽が射して来て暑くなり始めていました。
階段が木陰で助かりました。

shirahamajinja

こんなに立派な神社とは知らずに、ワンコが入れると気軽に来てしまいました。
でも、ちゃんと手水舎で手は洗いましたよ。

ヒヨコのお兄さんが参拝していたので、少し待ちました。
「お先に」と礼をして去っていくお兄さんを見送ると、私達も参拝させて頂きました。

shirahamajinja

お願い事は健全に家族の健康と幸せです。

神社はこれでお終いですが、人様のblogで拝見していた浜の鳥居を見ていませんでした。
とても綺麗な所だったので、是非寄ってみたいと、授与所のおばちゃんに聞いてみると「駐車場の先の小径を入ってください」と教えてくれました。

駐車場の先に「白浜海岸」の矢印看板がありますので、そこを入ってください。
サーファーや、ただ浜でボーッとしている人なので、そこそこ賑わっていました。

少し岩場を登らなければならないので、足下に注意してください。
私達が下りると、入れ違いにヒヨコのお兄さんが上がって行きました。

浜辺に並んだ息子達です。

shirahamajinja

ヒヨコのお兄さんが写ってますね。

本当は近くのHanacafe寄ろうかと思っていたのですが、テラス席は暑そうなので止めておきました。

さて、今日下田方面に行こうと思ったのは、Jethroのリードを買いたかったからです。
ドライブ中に食い千切ってしまい、使い勝手の悪いリードで1週間ほど我慢していました。

ドッグガーデンびわの木で買い物ついでに飲み物を頂く事にしました

15分ほどの移動になります。

車を停めるとランに小型犬を抱いたマスターの姿が見えました。

店内に入るとワンコグッズが沢山並んでいますよ。

Jethroはランで遊びたそうでしたが、暑いし、我が家の場合は高くなるので止めておきました。

前回同様、アイスティーを頂きました。
ちょっと渋めで私好みの味なんです。

マスターが撮ってくれた息子達の写真は➡びわの木/わんこblog

前回の記事は➡多々戸浜とびわの木、カマアイナも~キラキラな海とワンコグッズ~

早速Jethroに新しいリードを着けたら「ごちそうさま」と店を出て、ランチのお店を目指します。

ナビに福之家と入れましょう。

びわの木からは6分くらいです。

こちらは、以前に1度行った事がありました。
その時は、空いていたので、ゆっくりお喋り出来て楽しかったんですが、マスターは80を超えているので覚えているかは分かりません。
トイレの貼り紙に「記憶力が怪しくなってきているので、お客さんが覚えられません。来た事がある方は声をかけてください」と書かれていましたからね。

駐車場は店の横にありますが、2台分しかなく、1台はマスターの車が停められているようでした。

息子達を降ろして、入口に向かいます。

マスターに「犬連れですが、良いですか?」と聞くと「もちろん、もちろん」と答えてくれました。
そして「これは何て犬種だい?」
予想通り、全く覚えていませんでした。
1時間ほど喋って名刺交換までしたんですが、すっかり忘れられてしまったようです。

靴を脱いであがるお座敷スタイルですが、犬の足は拭かなくても良い不思議。
前と同じ入口近くの席に案内されました。

頂いた名刺に「深夜食堂」と書かれているくらいですので、夜の営業がメインのようです。
ナビに入れると「到着時に営業していません」と言われますが、やってます。

前回の訪問時「東京でジャズ喫茶をずっとやっていたんだよ。売れる前のビートたけしが入り浸ってたんだ」と懐かしそうに話していました。
店内にはジャズが流れていましたが、テレビが点けっ放しなのでゴチャゴチャな感じです。

息子達が落ち着いたら、何を食べるか決めましょう。

fukunoya

この日は他にバルメニューもありましたよ。
バルと言うのは今やっているイベントだそうです➡下田・南伊豆・河津がんバル

マスター曰く「でも、うちは元々安いからお得感は余りない」だそうです。

「そうそう、うちの猫が死んじゃってね」とマスターが話し始めた所で、おばちゃん2人組がやって来ました。
「此処から入って良いの?バルで来たんだけど」
それなりに集客効果はあるようです。

マスターが息子達にお水を持って来てくれました。

fukunoya

室内のお座敷で息子達はすっかり寛いでいました。

隣に座ったおばちゃん2人組は、息子達を看板犬と勘違いしていたようで、私が「此処は犬も入れるから」と言うと「え‼お客さんなの⁈」とびっくりしていました。
お座敷に普通に寝ているのでお客さんには見えなかったようです。

私が注文したのは↓です。

前回頂いた干物定食は一言で言えばお父さんの料理だったので、余り期待していなかったのですが、うどんは美味しかったです。
ぜんざいは缶詰を寒天にかけているだけのようでしたが、この値段ですので充分です。

80代のおじいちゃんマスターが1人で切り盛りしているので、かなり待たされます。
「ちょっと待っててね」の貼り紙もあります。
また「食べ残しは勿体ないから、少量でも持ち帰ってね」の貼り紙も。
セルフサービスになっておりますので、食べ終わったら片付けてくださいね。

今回はお客さんがいて余りお話出来ませんでしたが、とても面白いマスターです。
時間に余裕がある時、立ち寄って欲しい素敵な和カフェですよ。

※後に再訪しました➡柿崎弁天島とまどが浜海遊公園、福之家も~柱状節理と和カフェ~

☆ワンコと入れる伊豆の海水浴場情報です☆

正確な情報がなかったので観光協会に問い合わせてみました。

●伊豆市観光協会からのお返事
伊豆市(土肥・小土肥)→制限は特にない。常識の範囲内で。
伊東市(オレンジビーチ・宇佐美・川奈いるか浜)→砂浜OK/入水不可/リードを付ける。
(いるか浜は「海水浴シーズンはペットの浜辺への入場お断り」の看板が出ているので止めた方が良いと思います)
下田市→リードを付けて、周りの人に配慮する事。
西伊豆町→クリスタルビーチのみ不可。その他はリードを付ける事。
南伊豆町→ヒリゾ浜のみ不可。その他はリードを付ける事。
沼津市→らららサンビーチは不可。その他はリードを付けて他のお客さんに配慮する事。

色んな方から「海水浴シーズンは禁止」と聞く事が多く、またネットにもそう言った情報が多かったので入れる所は少ないのかと思っていました。
「不可」となっている所以外はリードを付けて、他のお客さんに配慮すれば構わないという事ですね。
尚、あくまでも「海水浴場」と指定されている浜の事になりますので、小さな浜では地元のルールに従ってください。

タイトルとURLをコピーしました