子浦の大島桜

koura-sakura 南伊豆

南伊豆の鄙びた港町のご紹介です/訪問日・2020.3.26/最終更新日・2021.11.24

ナビに子浦漁港と入れましょう

以前1度訪れています↓

子浦~タイムトリップ散歩~
南伊豆の静かな階段の街、子浦。波のない穏やかな海で遊べます。

その後、お友達とボードで遊びにも来ました。
更に美味しい紅茶のお店も見つけました↓

白鳥神社とティーサロンKibi~ビャクシンと美味しい紅茶~
南伊豆の忘れられた村と呼ばれる吉田。そこに佇む大ビャクシンは迫力です。Kibiは階段の街にある古民家ティーサロン。歴史ある建物に圧倒される空間です。美味しい紅茶、手作りのケーキ、カレーが頂けます。

そんなお気に入りの子浦ですが、我が家からは2時間近くかかります。
今日は予定していなかったのですが、明日から雨の予報とあって、思い切って行ってみる事にしました。
先日ティーサロンのママさんに聞いた、大島桜を見てみたかったんです。

パパの休日でしたが「俺は行きたくない」と言うので、〇兄ちゃんとふたり旅です。
パパ大好きJethroは「いってらっしゃい」みたいな目で見送ってくれました。

ナビ通りでだいたい着きますが、少し手前で「到着しました」と言われてしまいました。
真っ直ぐ進んで行って道なりに左に行くと門があって、その先が漁港です。
手前の海水浴駐車場に停めると通年1000円ですので、ご注意ください。

3月で人気観光地と言う訳でもないので、空いてるかと思いきや、意外と人がいました。
家族連れでカヌーを出して、楽しそうに子供達が走り回っていました。

車を停める前から山に咲いているはずの桜が余り見えなかったので「失敗したかな」と思っていました。
車を降りて、ジーッと見ましたが、山肌がチラホラ白くなっているだけで、早過ぎたな、とちょっと後悔。

koura-sakura

分かりますでしょうか、白くなっている部分が大島桜と思われます。

念の為、近くにいたおばあちゃんに聞いてみましたが「ああ、まだ咲き初めだね」と素っ気ないお返事。
住んでいる人には珍しくないのかもしれませんが、山一面が真っ白になるそうで、満開の時期はきっと素晴らしいに違いありません。

〇兄ちゃんが子浦五十鈴川美術館に寄りたいと言ってます。

koura-sakura

こちらの美術館は初めて来た時から気になっていましたが、やっているのか分かりませんでした。
前述の記事によると、昨年10年ぶりに再開されたようですね。
ティーサロンのママさんが「仲良しなんです」と言ってましたが、記事にも写真入りで登場してました。

うろ覚えですが「山一面の桜の絵がある」と聞いたと思うんです。
その絵を見た訳でもないのに勝手に頭の中で想像して、実物を見たいと思ったのですが、残念、早過ぎました。

※後に訪問して見させて頂きました。素敵な奥様でうちの子達を玄関先に入れてくださいました。ティーサロンと共同で時々イベントが開催されてるようです。

でも、折角来たので前回は紹介出来なかった洞窟をご案内。

koura-sakura

どなたかの子浦を紹介しているblogに「洞窟がある」と書いてあったのですが、すっかり忘れていました。
でも、ボードに来た時思い出して、探してみたんです。
その時は満潮で海水に浸かりながら探しましたが、今回は干潮であっさり行けました。
遠回りすれば満潮でも洞窟まで海水に浸からずに行けますよ。

海を前にしたら左側になります。
遊歩道とは逆方向ですね。

ちょっと怖い感じがする入口ですが距離はありません。
電気が付いてない所は足下注意です。

抜けると小さな浜に出ます。

koura-sakura

↑の辺りも満潮の時は歩けなかったのに、今日は最高にラッキーでした。
夏になれば混雑してしまうんでしょうが、今の時期はまさにプライベートビーチ。

※ワンコウェルカムらしいですよ⇒子浦ドッグラン
ドッグランと表記されていますが、囲いはなく、オフシーズンに人がいなければ放しても良いと言う意味らしいです/2021.2.7記

※家族で子浦に行った時の動画もどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました